CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

自治体間交流

姉妹(友好)提携情報

日本との姉妹交流を希望する海外の自治体:中近東

中近東地図.bmp

01.アフガニスタン 02.アラブ首長国連邦 03.イエメン
04.イスラエル 05.イラク 06.イラン
07.オマーン 08.カタール 09.クウェート
10.サウジアラビア 11.シリア 12.トルコ
13.バーレーン 14.ヨルダン 15.レバノン

______________
16.パレスチナ


 パレスチナ

アルダハリヤ市(ヘブロン県)
概況

人口:42,000人/面積:167km²

2.jpg1.jpg

                 街の風景

県都のヘブロン市より約22キロ離れ、ヨルダン川西岸地区の南端に位置するアルダハリヤ市は、西岸地区の南門としてみなされています。当時のアル・ダハル・ベイバースという名のスルタンがアルダハリヤ市を戦略的な場所に置くこととし、古代都市ゴシェンの廃墟跡地に建設しました。街の名前は、そのスルタンの名前に由来しています。
アルダハリヤ市は様々な都市と村に囲まれ、人口は約4万人ですが、パレスチナ中央統計局の2018年の調査によりますと、近くの村を含めると6万人に達します。

アルダハリヤ市の都市計画によりますと、都心は約15㎢のエリアで、周囲のエリアは約120㎢です。その周囲のエリアは歴史的なエリア(167㎢)の70パーセント以上を占めています。アルダハリヤ市はヘブロン県の3番目に大きな都市であり、西岸地区の最南端の人口の多い都市です。

アルダハリヤ市のビジョン
「賑やかで、近代的で、先進的で、安全な街で、ユニークで起業家的な文化特徴のある街」というビジョンを市民、市職員、市の議会も実現することに努めていきます。

8.jpg

市役所にて市の戦略計画に市民が参加する会議の様子

アルダハリヤ市の経済

ネゲヴ地域の10万人以上の居住者にとって、アルダハリヤ市は商業の中心地であり、グリーン・ライン(境界線)内側のビールシェバ市とその周りの西岸地区の南部で働いている労働者が集まる場所にもなりました。市の記録によりますと、商用ライセンスは1,040以上発行されました。市民のニーズに合う総合的な市場もあり、幅広い商品とサービスが提供されています。
ここにはパレスチナ領土の中の最も大きな畜産市場の一つもあります。
アルダハリヤ市の人口のうち、労働人口は68.6%です。そのうち52%はグリーンラインの内側で働いており、17%が公的な仕事、15%が農業、11%が商業、5%が工業の仕事に携わっています。

重要な機関
アルダハリヤ市では、政府機関と非政府組織が市民や近くの住民に必要不可欠のサービスを提供しています。
その組織とはヘブロン県南部商工農会議所、アルダハリヤ青年スポーツクラブ、中央警察、中央郵便局、救命救急センターや安全出産センターなどの医療機関、法律相談所、銀行4支店などです。

歴史と観光
アルダハリヤ市の旧市街は重要な歴史遺産としてみなされ、972の歴史的に貴重な建物があります。パレスチナの歴史的に貴重な建物の2.5%を占めています。

3.jpg
          旧市街の路地

5.jpg4.jpg
旧市街にある復元された建物がゲストハウスとして生まれ変わった

市や寄付者により、様々な歴史的な建物や庭が復元されました。観光客用のサービスとセンターにも寄付されました。
アルダハリヤ市で一番有名な建物はアル・ハウハという旧市街の屋敷です。現在は、特徴的な建築で知られる要塞を建てたオスマン帝国軍のリーダーにちなんで、ファヴジ・パシャ センターと名づけられました。
また、美的統一性をもった幾何学的な建築を示している井戸や洞窟があり、
アナブビザンティン教会(紀元前600年)という教会は、ここ15年の間に発見された珍しい教会の一つで、面積は700m²です。

6.jpg7.jpg
ビザンティン・アナブ教会(紀元前6世紀)

旧市街に加えて、アルダハリヤの近くの町や村には、様々な時代の遺跡がいくつかあります。

家畜市場
市内には130年前から存在する家畜市場があり、パレスチナの様々な地域から家畜商人が来る場所です。市場は家畜飼育地域の中に位置し、現在は西岸地区で一番大きな市場とみなされています。
家畜飼育専門家が多く、とても重要な市場です。現在、西岸地区の家畜の価格はこの市場によって決定されています。
市は国際連合食糧農業機関の助成を得て、市場を発達させ、獣医サービス、検疫、飼料の倉庫を整備することができました。

遊びとスポーツ
アルダハリヤの人々はスポーツ(特にサッカー)に対しての愛でつながれています。
「Deers of the South(南の鹿)」という市のサッカーチームは国内トップレベルのチームです。
1974年に若いアマチュアのグループとして作られ、西岸地区カップ(1983)やパレスチナカップ(2012、2014)などの選手権大会で何度も優勝しました。

アルダハリヤ市遊園地
アブ・ハルバ公園は、市によって西南部の元ゴミ処理場の20000m²のエリアで設立されました。
市は2015年に、この地域では初めての遊園地を自己資金で設立しました。


11.jpg10.jpg
12.jpg
9.jpg
           市立遊園地の様子

HP https://www.facebook.com/AldahriehPS/(アラビア語のみ)
提携希望先 英語で交流できる自治体
希望交流内容 遺産と歴史的な建物と関係のある、教育や文化の分野で交流希望の自治体

(掲載年月 2022/3)



国旗 トルコ

メジトリ市
概況

人口:164,429人(2014年調査)/面積:416,52km²

メジトリ市は、トルコ南部の地中海地方に位置し、メルスィン県にある大都市である。豊かな文化と自然を持ち、農業と手工業が主要産業である。観光客は、エコツーリズム、サイクリング、トレッキング、山の幸、海の幸が楽しめる。
かんきつ類を含む農作物の生産が特に盛んで、自動車工業、家具業界、建築業界も成長を見せている。
メジトリ市には、古代ギリシア時代に建築されたキリキアの港湾都市の遺跡が残っている。

トロス山脈の裏にあるミカンとグレープフルーツの果樹園
【トロス山脈の裏にあるミカンとグレープフルーツの果樹園】

キリキアの港湾都市の遺跡「ソロイ」
【キリキアの港湾都市の遺跡「ソロイ」】
HP http://www.mezitli.bel.tr/ (トルコ語のみ)
提携希望先 -
希望交流内容 文化、農業、観光、歴史

(掲載年月 2015/5)

ゲムリック市
概況

人口:105,750人(2011年調査)/面積:413.5km²

ゲムリック市は、トルコ共和国イスタンブールから約211km、ブルサからは約30kmのマルマラ海沿岸に位置し、ブルサ県大ブルサ市に属している沿岸都市。大ブルサ市と日本の親交は深く、2007年には大ブルサ市ニルフェル市と、愛知県東海市の間で姉妹都市提携が結ばれた。
ゲムリック市は、イスタンブール、ブルサ、イズミットのような大都市の交差地点に位置し、港、豊潤な農業地、拡大中の産業地、そして増加する雇用ポテンシャル等、経済発展中の町の一つである。
また、地震層における第一危険地帯に位置しているため、同じく地震問題を抱え、対策を図っている日本の都市との姉妹提携を希望している。
ゲムリック市経済の基盤は農業である。中でも重要なのは、オリーブの生産である。オリーブ油・オリーブ石鹸などの加工産業も盛んで、トルコで4番目に大きい産業施設もある。
また、観光業の面からいえば、マルマラ地方の重要なリゾート地の一つとして特色づけられ、夏期は通常の約2倍の人口(約20万人)となる。
HP http://www.gemlik.bel.tr/ (トルコ語のみ)
提携希望先 地震災害対策を取っている市
希望交流内容 地震に対する防災対策、建築及び都市計画分野に関する規制等

(掲載年月 2012/8)

ボール市
概況

人口:59,873 / 面積:1432.6 km²
ボール市はトルコ中央アナトリア地方のニーデ県にあり、豊かな歴史・文化を持ち、教育に熱心な市である。古代カッパドキア地域の南に位置し、ヒッタイトやペルシャの遺跡、古代トルコの用水路、ローマ帝国時代の墓場など、紀元前5000年から16世紀までの時代の遺跡が多数所在している。多くの祭りが毎年ボール市の主催・後援により行われている。

経済は観光業、貿易、農業、放牧・酪農・肉生産、砂糖・糖蜜生産、ピクルス・ビネガー生産、織りじゅうたん、大理石採掘、及び皮革製造業に支えられている。
ぶどう畑と果樹園(主にりんごとアプリコット)があって、ボール市のりんごはトルコと中東ではとても有名である。ボール市はアナトリア内陸の要所に位置し、その地域の貿易の中心となっている。

ニーデ大学付属のハリル・ゾレ・アタマン職業学校、ボール職業学校及びボルスポーツアカデミーもこの地区屈指の優れた教育機関である。

【紀元前1000年の用水道】
【町の概観】
HP http://www.bor.bel.tr/
提携希望先 文化及び教育方針などを反映し合える都市と姉妹提携を希望する。
希望交流内容 教育・文化・貿易

(掲載年月 2010/7)

カスタモヌ市
概況

人口:80,906
カスタモヌ市は、黒海地方に位置するカスタモヌ県の県都である。広い森林面積を有し、林業・木工業が主要産業である。農業及び鉱業も盛んである。

カスタモヌ市では、独特な建築様式で建てられた伝統的なトルコの家の素晴らしい例を見ることができる。市街から約15kmほどいったカサバ村には、セルジューク朝時代の1366年に建てられたマフムト・ベイモスクという重要なモスクがある。600年もの歴史がある建物がホテルとして使われている。12世紀に建てられたカスタモヌ城も素晴らしい所の一つである。カスタモヌ市には長い歴史と豊かな文化と壮大な自然の美しさがある。

市民は教育に非常に関心を持っている。

HP http://www.kastamonu.bel.tr/
提携希望先 -
希望交流内容 文化、観光、 教育、産業(農業及び林業、 商業)

(掲載年月 2010/4)


戻る
このページに関するお問い合せ先
交流支援部交流親善課
Tel :  03-5213-1723
Fax :  03-5213-1742
Email : shimai@clair.or.jp
ページの先頭へ